Menu
トップ > 当会について

当会について

粒子線治療推進研究会は、「粒子線がん相談クリニック*」(平成24年11月1日開設:院長 辻井博彦)の運営・支援を行うため、同年6月1日に設立した一般社団法人 粒子線がん治療患者支援センター(理事長:辻井博彦)が行ってきた重粒子線治療の広報普及事業、連携整備事業を引き継ぎ、広く事業を展開するために平成29年1月6日に、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)」に基づいて設立した非営利法人です。

当会は、同患者支援センターで行ってきた重粒子線治療の普及に係る下記の活動で培った経験を基に更に広く事業を実施します。

*「粒子線がん相談クリニック」は放射線医学総合研究所重粒子医科学センター、群馬大学重粒子線医学センター、兵庫県立粒子線医療センター、九州国際重粒子線がん治療センター、神奈川県立がんセンター、一般社団法人粒子線がん治療患者支援センター、一般社団法人Medical Excellence JAPANが連携して、重粒子線治療を願う国内並びに海外の患者が、安心して治療を受けられるシステムを確立するため、重粒子線治療の現場で活躍している専門医による「セカンドオピニオン外来」として開設されました。

>> 大きな地図はこちら

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町5-1
兜町第一平和ビル3階
一般社団法人 粒子線治療推進研究会

身体にやさしいがん治療 重粒子線治療の最前線
ここまできた 重粒子線がん治療

重粒子線治療の専門医による粒子線がん相談クリニック 粒子線がん相談クリニック

重粒子線治療についての説明はこちらから 重粒子線治療ガイド